Rug mat

ラグのお手入れ方法とは

青いラグマット

カーペットのことならびっくりカーペットで購入しましょう!割引もしており、素材にこだわったものをご提供できるのです!カーペットを部屋に敷くだけで、生活がしやすくなるのです!

家族みんなが集まる部屋にラグがあると、温かみもあり、居心地も増し、いろんな意味で使い勝手がいいです。ただ、そんなカーペットのお手入れ方法が、いがいと物によって、複雑なこともあります。カーペットを購入する際は、お手入れ方法まできちんと考えて購入することをおすすめします。カーペットはそれなりの大きさもしますので、しっかりとした重みのあるラグですと、洗えるタイプと洗えないタイプがあります。
洗えるタイプと書いてあっても、あまりの大きさに、我が家の洗濯機に入らないなんてこともあります。ラグは汚れもたまるところでもありますので、清潔に保てるといいですよね。まずは、洗濯ができるかどうかを確認したら、洗濯機に入るか等の確認も必要になります。我が家は、せっかくウォッシャブルタイプを購入したのに、洗濯機に丸めて入れられもしたのに、重すぎて洗濯機が動けず、しぶしぶ手洗いになったことがありました。
手洗いと言っても、かなりの大きさがありますので、ラグをお風呂場に持っていき、洗剤をかけ足で踏みながら洗いました。濡れたラグは絞ることも難しいので、しばらくお天気のいい日にベランダに干し続けたことを覚えています。いくらお天気が良くても、ポタポタとたれる水がおさまっただけで、ラグ自体が完全に乾くまでは、結構な日数がかかりましたがなんとか大判ラグを洗うことはできました。

ラグを変えてお部屋の雰囲気チェンジ

なんだかお部屋の雰囲気に飽きてきた…でも部屋は変えられないし…そんな時にカーペットの色やデザインを変えてみると簡単にお部屋の雰囲気を変える事が出来ちゃいます。最近ではお手頃価格でお洒落なカーペットも増えているので家具を変えたりするより手軽にチェンジ出来るのでオススメです。そもそもラグって何?絨毯の事?と思う方もいらっしゃると思います。1畳未満の物をマット、1畳から3畳未満の広さのものをラグ、もっと大きな物はカーペットといった感じで大きさによって呼び方が変わってきます。
中でも賃貸で一人暮らしの方や実家のお部屋などはカーペットを使用されている方も多いのではないでしょうか。一度買ったら何年も使用するという方も多いかと思いますが、案外何度も洗濯したりクリーニングしていると毛がねてしまいぺたんこに・・・。汚れが目立ってきたり弾力のなくなったラグは新品に替えてあげましょう!
せっかく新しい物にしてもやはりメンテナンスしていないとすぐダメになりますよね。という事で数ヶ月に一度はキレイにする事も大切。洗濯が可能な物はそのままジャブジャブ洗っても大丈夫ですが、「水性ラテックス使用」と書いてあるものは水洗いやクリーニング出来ないので注意しましょう。ラグだと大きすぎないのでお手入れも簡単。ラグを変えて気持ちも新たに素敵な毎日をおくりましょう。

ラグとカーペットの違いに関して

カーペットとカーペットの違いは一言でいえば大きさ(面積)違いです。カーペットは一般的に3畳程度までの敷物を言い、カーペットは部屋全体に敷き詰める敷物のことを指します。ですので、カーペットの場合、主にフローリングの部屋で、ダイニングテーブルやリビングテーブルの下、ソファーの前などに敷いて使用します。どちらかというとインテリアの要素が強く、部屋のアクセントとして使われたりします。
柄や模様も様々ですし、形も個性的なものが多くオシャレなお部屋づくりに一役かってくれます。ただし、1畳に満たないような小さなものはマットと呼ばれ、脱衣所、洗面台、トイレ、玄関、キッチンなどで使用されます。一方、カーペットは部屋全体に敷き詰めますので、冬場の室温を保つためや、防音の目的で使用されることが多くなります。ただし、ラグがインテリア目的だけのものかというとそうとは限りません。
防音性こそカーペットほどは望めませんが、カーペット同様温度対策としては有効ですし、こたつの下などに敷けば、こたつの保温効果がアップします。また、テーブルなど家具の下に敷いておけば、フローリングの床の傷対策にも有効です。何より、カーペットは一度敷いてしまうと家具をどかさなければ交換するのが難しかったりしますが、ラグは季節によって比較的手軽に交換することが可能です。

Press Release

子育て家族にオススメのラグ

床を傷つけず、清潔に保つために便利なラグ。かわいい柄や模様、いろいろな素材で何を選んだらいいかわからない時がありますよね?そんな中、子育て家族にオススメのラグを紹介します。まず、ラグを選ぶ上で一…

ラグには多くのメリットがあります

インテリアの雑誌などでは、フローリングには必ずと言っていいほどラグが敷いてありますよね。そういう雑誌を眺めていると同じ部屋でもラグの色や柄、素材によってその部屋のイメージががらっと変わってしまう…

小さなお子様がいる方は必須

小さなお子さんがいる方は、なかなかラグやこたつを控えと思います。私もそうでした。ラグを敷いたと思ったらすぐおやつや、飲み物をこぼされてしまい、子どもが小さなうちは無理だと思いました。そのときに使…

色々なデザインのラグ

ラグのデザインによって部屋の雰囲気はとても変ります。そんなラグを使って部屋をお洒落に変えてみましょう。・モノトーン・モノトーンのストライプのラグを使用する時は、リビングテーブルや棚も白で統一する…

TOP